肥料について

筆者:古川 寛

ここ最近は、「有機農法」や「自然農法」が良いものという風潮になっておりますが、弊社では、特に肥料が有機であるかどうかにはこだわっておりません。化学肥料として知られる、窒素、リン酸、カリウムは長年の研究の末に見出されたものであり、もともと自然界に存在するものです。農業として大切なのは、その成分が、植物が生長する上でとても重要な役割を持つということ、それを使うことで品質の向上や生産の安定化が見込めるということです。重要なのは適正な量を使用することであり、有機か無機かではないと、弊社では考えております。実際に無機がなぜいけないのかを調べてみましたが、はっきりとした根拠を得ることはできませんでした。同様に有機の方が良い作物ができるということも、はっきりとした根拠を得るには至っておりません。それよりも適正な肥料分を、適した時期に、適切な量を与える、農業技術の方が大切だと考えております。

ですので、弊社では、生産に携わる上田さんを中心に、それぞれの植物がどうすれば元気に育つのかの研究に特に重点を置いて、農法の開発に取り組んでおります。