ミネラルの働きについて

ビタミンやアミノ酸については、よく知られるようになりましたが、ミネラルについてはあまりよく知らない、という人も多いのではないでしょうか。

ミネラル(無機質ともいいます)には、カルシウム、鉄、ナトリウム、マグネシウムなどがあります。必要な量は少ないので微量要素とも呼ばれますが、人の体中では作ることができず、欠かすことのできないものでもあります。

地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)が知られています。そのうち厚生労働省が摂取基準を決めているのは、イオウ・塩素・コバルトを除く13種類です。(厚生労働省HPより抜粋)

このようにミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあり、生命活動を助けるとても重要な成分です。人の体にとっては、ビタミンやアミノ酸と同様に大切なものであるにも関わらず、その役割や取り方など、詳しいことはあまり認知されていません。厚生労働省のHPの抜粋にある通り、ごく微量な量でその役割を果たしてくれます。ただし、不足すると様々な症状が出るという、重要な役割を持った要素でもあります。

ミネラルは、無機物のため、そのまま摂取することはできません。そのため、人が摂取するためには、何らかの食べ物を通して、取ることになります。山や岩石、土中に含まれるミネラルが、雨水などによって溶かされ、海に流れ出るため、一般的に海藻類はミネラルが豊富だと言われております。しかし、現在の食生活の中では、海藻類を毎日食べることも少なくなっているという話をよく耳にします。

本来は土にあるものなので、農作物からも摂取することはできますが、ミネラルについて、のところで書いた通り、自然環境の変化などにより、土中のミネラル分は減っています。また植物自身もミネラルを吸収する力が弱くなっているため、現在の農作物は、昔よりもミネラル分を含んでいないという話もあります。

弊社のミネラルに重点を置いた農法は、植物だけでなく、それを摂取する人間にも、とても重要なものであると考えています。ミネラルの働きについては、まだまだ未解明の部分も多いようですが、植物に出る効果を見る限りでは、良い効果の方が多いように思います。おいしく、安心して食べられて、そして、健康にも役立つもの。その弊社のコンセプトは、ミネラルによって支えられています。