生産者の原価からの価格設定

筆者:古川 寛

地域おこし協力隊として、私が地域を走り回っていた時に気づいたことですが、地方の農業従事者の多くに共通して、農作物が適正価格で買ってもらえず、生活が厳しいという意見があります。なぜそのようなことになるのかを調べた結果、農作物の価格が市場によって左右されるのが原因であることに気づきました。またその原価設定には人件費が含まれていないため、農業従事者の労働が利益を生んでいない計算になっているのも大きな原因だと知ることになりました。

農業というのは、食べ物を作るという、人が生きていく上で欠かすことのできないものとも言える重要な仕事であるにも関わらず、その現場に携わる人たちは、その労働の十分な対価を得ることができていないという、ずさんな環境にとても驚きました。そして、その環境であるがゆえに、後継者に引き継げないという現実が、社会問題として扱われる田舎の過疎化、高齢化の原因でもあるということです。
このまま後継者が育たなければ、この国の農業は数十年で失われてしまうでしょう。

農の現場を支援する土和竹香としては、その状況に対して、生産者の原価から価格設定をするという方法で、活路を見出していこうと思っております。具体的には、生産者の原価計算に、きちんと人件費を入れ、その上で利益も計上した価格を、生産者原価として扱うようにした独自の原価計算表を使用して、それぞれの商品の価格を算出しております。
この価格を出すにあたり、生産者の方と何度も話し合いをしておりますが、弊社の提示する価格であれば、農業を続けることに不安はないし、より一層頑張れるとのお言葉をいただいております。

そして、消費者の皆様には、農業従事者が農業を続けていくための価格であることをご理解いただければと思います。
この生産者の原価からの価格設定が守られることで、農業従事者の生活が守られ、後継者育成にもつながるものであるということを多くの皆様に知っていただければと思っております。