町で一番のお米になりました

さる11月19日に行われた第一回なごみのお米食味分析鑑定チャレンジにおいて、上田さんのお米が見事1位を受賞しました!
本人は「1位にはなれたものの、もう少しスコアを伸ばしたかった」と残念がっておりましたが、そこに意欲が見え隠れするところも上田さんのすごいところだなと改めて感じました。

ここのところ、毎年が異常気象と言われるほど、一年を通して気候が落ち着かず、諸々の調整も年々難しくなってきているという話をよく聞きますが、そんな中でも1位を取れるお米を作ることができるのは、やはり異常気象にも負けない努力のたまものだと思います。

お米について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらの記事をご覧ください。

平成29年度分のお米の予約が始まりました

こんにちは。

土和竹香の古川です。
今年は例年と比べて気温が下がるのが早く、とても過ごしやすい9月となりました。
その影響から今年は例年より気持ち早めの収穫になる予定です。

それに伴い、予約の開始時期も早めることとなりました。

今年は梅雨もしっかりとあり、夏場は日照がきちんとあったので、おいしいお米に仕上がりそうです。

ご予約いただきましたお米は、こちらで責任をもって確保いたします。
数に限りのあるものですので、お早めにご予約ください。

ご予約はこちらのページの申込書をご使用ください。

たくさんのお申込みをお待ちしております。

Nagomi大豆Coffee

土和竹香のある和水町には地域を元気づけようと活動している地域づくり団体がいくつもあります。
そんな地域づくり団体の一つ「なごみの郷高野 地域づくり協議会」の皆さんが作っているのが「Nagomi大豆Coffee」です。

私、古川も地域おこし協力隊のころからお世話になっており、今でも活動に参加していることから今回この商品を取り扱うことになりました。

「なごみの郷高野 地域づくり協議会」の発足は平成22年。国の行った過疎化対策事業を元に、自分たちでもできることを、と立ち上がりました。農家ではない方々が、地域内の休耕地を何とかしたいと大豆の栽培を始め、味噌や納豆などの加工品づくりを体験しながら活動を続けていました。

そんな中で、大豆を活用した商品を作ろうという流れから新商品の開発が始まり、多くの人の知恵と力を借りながら、この「Nagomi大豆Coffee」を生み出しました。

一口飲むと、口の中にはちゃんとコーヒーらしい苦みが広がります。そしてそのあとに大豆らしい甘みがほんのり感じられます。
人によってはコーヒーではなく、大豆茶と感じる人がいるかもしれません。
しっかりと焙煎してあるので、香りも豊か。
ちょっと一息つきたいときにぴったりの味に仕上がっています。

原料は大豆のみなので、カフェインが入っておらず、カフェインの摂取が気になる妊婦さんや授乳期のお子様がいるお母さんも安心して召し上がっていただけます。その他、コーヒーを飲み過ぎて胃が荒れてしまうという方にもおすすめです。
また、カフェインが入っていないので就寝前に飲んでも気になることはありません。

個包装の中にドリップバッグで入っているので、お湯を注ぐだけで飲むことができます。
3~4杯目くらいまでは十分に味が出るので、1パックで何度も楽しむことができるのもこの商品の特徴です。
1杯目はコーヒーらしい苦みがしっかりと出ますが、2杯、3杯と入れていくにつれ、大豆の甘みがしっかりと感じられる大豆茶のような味に変化していきます。お湯の量と併せて、お好みの飲み方を探していただけると、より楽しくお召し上がりいただけると思います。

いろんな人に、いろんな味を楽しんでいけただける一品となっております。

※商品に関するお問い合わせ、ご注文などはこちらからお願いいたします。

この商品がご購入いただけるお店について

Nagomi Marche【菊屋】
りんご店

〒865-0136
熊本県玉名郡和水町江田4172-1
営業時間:9時~20時(4月まで冬季営業)
TEL:0968-86-2176
FAX:0968-86-2959
URL:http://www.kikuyanagomi.jp/