新米の予約を開始いたしました!

9月も残すところあと10日。
気温も少しずつ下がってきて、秋の到来を感じさせる日々が続いております。

今年は大雪に始まり、震災、大雨、台風と自然の猛威を強く感じる年でもありましたが、上田農園のお米は元気にすくすく育っております。
直撃コースの台風が多く、まだまだ気が抜けませんが、今の調子で行くと予定通り10月中旬頃には稲刈りができると思います。

収穫後、10日から2週間ほど熟成させてからの出荷となりますので、今年の新米の出荷は10月下旬から11月上旬になる思います。

今年は夏場の日照をしっかりと得ることができたので、昨年よりもおいしいお米になりそう、と上田さんからお話がありました。
そんな新米の予約を本日より受付開始いたします。
こちらのページに、お申し込みについての説明を載せておりますので、ぜひご覧ください。

証書が届きました

昨日、梅雨明けの発表があり、いよいよ本格的な夏の到来となりましたがいかがお過ごしでしょうか。

証書スキャン先日よりお知らせしておりますInternational Taste & Quality Institute – iTQi (国際味覚審査機構)の三ツ星の証書がやっと届きました。
こうして改めて見ると、実感がわいてきます。

残念ながら弊社のほおずきのシーズンは終わってしまいましたが、ほおずきの味を旬以外の時期にも楽しめる加工品を開発しております。
まだしばらく時間がかかりますが、完成し次第、こちらでもご案内いたしますので、ご期待いただければと思います。

 

国際優秀味覚賞三ツ星受賞!

こんにちは。ITQI-AwardBlue3stars16EN

先日ベルギーで行われた国際優秀味覚賞の審査会において弊社の食用ほおずきが、最高評価である三ツ星の評価をいただきました。
この賞は「食品のミシュランガイド」とも呼ばれる賞で、毎年数千の商品が審査を受けています。
実際に審査をされる方は、シェフやソムリエといった現場の方たち。

その方々の審査の中で90点以上の評価を得た商品にのみ三ツ星が与えられます。

今回は、審査出品に際し、ベルギーでのテロ発生という事件の影響で、一時は商品を届けられない、という状況もありました。
またそのことから、無事に届いたとしても多くの時間を要するかもしれないという不安な状態でした。
上田さんと相談しながら、環境の変化、時間の経過に少しでも耐えられる状態で発送できるように工夫を凝らしました。

それだけに今回の評価はとても嬉しいものとなりました。

こうして世界に認めていただける商品というのは、生産者にとっても、またそれを扱う会社にとっても大きな自信につながります。

ここ熊本では、まだまだ多くの方が震災の影響で苦労をされています。
当然、その中には、生産者の方もたくさんおられます。
その方たちの元気につなげるためにもより多くの方にほおずきの良さを知ってもらえるよう、一層の努力をしていこうと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。